定例会・臨時会

2021年3月定例会

会期3月1日~3月24日)

重要課題の現状について(市長)

本市の昨今の重要課題の現況につきましてご報告申し上げます。

まず、新型コロナウイルス感染症につきましては、国において1月7日に「緊急事態宣言」が発出され、期間を3月7日まで延長されるなか、国内において12月から1月にかけて増えていた感染者数も、減少傾向がみられております。
滋賀県内の感染者数累計は、2月末現在○○○○名、市内○○○名の確認がされており、市民の皆さまには、改めて基本的な 感染予防対策の実践をお願い申し上げる次第です。

次に、新型コロナウイルス感染症拡大防止の切り札として期待されるワクチンに関しましては、国が示している優先順位どおりに接種を行っていくために、済生会滋賀県病院や草津栗東医師会などの協力を得ながら進めることとしております。
また、市民の皆さまに安全・安心をお届けするため、感染拡大防止対応に、引き続き気を緩めることなく取り組むとともに、新型コロナウイルス感染症による偏見や差別がないよう人権への配慮について啓発を図ってまいります。

次に、新型コロナウイルス感染症対応の一環として取り組んでまいりました「りっとう元気アップ応援券事業」が、2月末をもって終了いたしました。この事業の実施により、コロナ禍における市民生活の下支えと、市民の消費行動による市内経済の活性化、さらには新しい生活様式の市民定着の一助につながったと感じているところであります。

次に、福祉、健康に関しましては、さまざまな地域の福祉的課題が増加している中で、その内容も一層複雑・多様化してきており、その解決に向けた取り組みには、今まで以上の組織や機関を超えた連携が必要となってきています。
本市としましては、地域住民の支援ニーズに対応のできる新たな 相談支援体制の構築に向けて取り組んでまいります。

また、令和2年10月1日に施行しました「栗東市手話言語条例」「栗東市市民をつなぐ情報・コミュニケーション条例」施策の推進につきましては、3月策定予定の「障がい者基本計画・障がい福祉計画」に基づき取り組んでまいります。

次に、火葬場整備につきましては、草津市と共に推進を図ること から、去る2月8日に「整備に関する協定」を締結しました。
この協定締結により、火葬場整備の候補地を公表しましたので、 今後、火葬場整備にご理解が得られるように協議を進め、令和9年度の供用開始を目標として取り組んでまいります。

次に、まちづくり基本構想(後継プラン)にかかる共同の土地活用につきましては、残る部分の道路整備も含めた事業の完遂に向けて、引き続き滋賀県とともに取り組んでまいります。
また、滋賀県において進められております金勝川、葉山川及び  中ノ井川の3河川整備におきましても、計画通りの進捗が図れるように、各促進協議会との連携を深め、引き続き要望を重ねてまいります。

次に、国道8号野洲栗東バイパスや国道1号栗東水口道路、山手 幹線につきましては、市内において本格的に工事が着手されており ます。今後におきましては、更なる進捗が図られるとのことから、  工事にかかる交通渋滞等の諸課題を整理しつつ、丁寧な周知や説明を含め、常に情報を共有する中で、円滑に事業が進むように調整を図ってまいります。

以上、市政の現況報告といたします。今後も本市が直面いたして おります重要課題解決に向け最大の努力をしながら、市の発展と市民福祉の向上を図っていく所存でございますので、議員各位の一層の ご支援とご協力をお願い申し上げます。

議事日程

日付日程議事内容
3/1日程第1会議録署名人の指名について5番 西田 聡議員
10番 上石田昌子議員
日程第2会期日程について3月1日〜3月24日(24日間)
日程第3施政方針等について施政方針(市長)
教育方針(教育長)
日程第4委員会報告について企業事業資金貸付金特別委員会
国道バイパス整備促進特別委員会
日程第5議案第2号〜議案第31号の一括上程提案理由の説明
3/8日程第1会議録署名人の指名について6番 梶原美保 議員
11番 林 好男 議員
日程第2代表質問について(1)栗東市民ネットワーク
(2)日本共産党栗東市議団
(3)公明栗東
(4)新政会
3/9日程第1会議録署名人の指名について7番 里内英幸 議員
12番 中村昌司 議員
日程第2個人質問について(1)西田 聡 議員
(2)伊吹 裕 議員
(3)青木千尋 議員
(4)川島 恵 議員
(5)里内英幸 議員
(6)片岡勝哉 議員
(7)田村隆光 議員
3/10日程第1会議録署名人の指名について8番 中野光一 議員
13番 田村隆光 議員
日程第2個人質問について(1)中村昌司 議員
(2)林 好男 議員
日程第3議案第2号から議案第3号までの委員会付託について先決議案
・人事案件(人権擁護委員の専任)
  ・3議案とも可決
日程第4請願書第7号 大津湖南都市計画北中小路工業団地地区計画(案)に関する請願書の上程について・主旨:農業振興地域開発予定地に隣接する5自治会の全住民に対し、市からの自主的な説明会は1回も開かれることなく、企業誘致を強引に推し進めようとしているが、開発には問題点が多くあり、法に抵触する可能性すら危惧され、今すぐ中止すべき。
日程第5議案第32号及び議案第33号の上程・審議について・コロナウイルスワクチン関連の補正予算及び小学校大規模改造関連の補正予算
日程第6特別委員会の設置及び委員の選任について・火葬場及び環境センター整備特別委員会
 委員長 :中村昌司 議員
 副委員長:中野光一 議員
 委  員:伊吹 裕 議員
      川嶋 恵 議員
      里内英幸 議員
      武村 賞 議員
      上石田昌子 議員
      藤田啓仁 議員
3/12委員会審査予算常任委員会(文教福祉常任委員会関連予算)
3/15委員会審査予算常任委員会(総務常任委員会関連予算)
3/16委員会審査予算常任委員会(環境建設常任委員会関連予算)
3/17委員会審査予算常任委員会(特別会計関連予算)
3/18委員会審査総務常任委員会・環境建設常任委員会・文教福祉常任委員会
3/19委員会審査総務常任委員会・環境建設常任委員会・文教福祉常任委員会
3/24日程第1会議録署名人の指名について1番 青木千尋 議員
14番 片岡勝哉 議員
日程第2委員長報告について(1)総務常任委員会
(2)環境建設常任委員会
(3)文教福祉常任委員会
(4)予算常任委員会
日程第3請願書第7号に対する委員長報告について
日程第3議案第34号から議案第36号までの一括上程・審議・副市長の選任
・国保条例の一部改正
・介護保険条例の一部改正

提出議案

区分番号議案名内容採決
予算2令和3年度栗東市一般会計予算について・歳入歳出それぞれ26,120,000千円
予算3令和3年度栗東市土地取得特別会計予算について・歳入歳出それぞれ123,924千円
予算4令和3年度栗東市国民健康保険特別会計予算について・歳入歳出それぞれ 5,337,710千円
予算5令和3年度栗東市後期高齢者医療特別会計予算について・歳入歳出それぞれ672,296千円
予算6令和3年度栗東市介護保険特別会計予算について・歳入歳出それぞれ4,005,361千円
予算7令和3年度栗東墓地公園特別会計予算について・歳入歳出それぞれ5,268千円
予算8令和3年度大津湖南都市計画事業栗東新都心土地区画整理事業特別会計予算について・歳入歳出それぞれ72,322千円
予算9令和3年度栗東市水道事業会計予算について・(収益的収入及び支出)
収入 1,311, 145千円、支出 1,292,375千円
・(資本的収入及び支出)
収入 349,840千円、支出 725,834千円
予算10令和3年度栗東市公共下水道事業会計予算について・(収益的収入及び支出)
収入 1,771,257千円、支出 1,633,715千円
・(資本的収入及び支出)
収入 948,530千円、支出1,675, 432千円
予算11令和3年度栗東市農業集落排水事業特別会計予算について・歳入歳出それぞれ34.763千円
予算12令和2年度栗東市一般会計補正予算(第10号)について・歳入歳出それぞれ523,669千円を減額し、総額33,409,766千円とする。
予算13令和2年度栗東市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について・歳入歳出それぞれ1,524千円を減額し、総額15,792,839千円とする。
予算14令和2年度栗東市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について・歳入歳出それぞれ3,858千円を追加し、総額1665,894千円とする。
予算15令和2年度栗東市介護保険特別会計補正予算(第3号)について・歳入歳出それぞれ56,331千円を減額し、総額13,754,193千円とする。
予算16令和2年度栗東市水道事業会計補正予算(第3号)について・・収益的収支のうち収益的収入 2,273千円を減額し、収益的支出 5,828千円を減額する。
・資本的収支のうち資本的収入 68,553千円を減額し、資本的支出 214,966千円を減額する。
予算17令和2年度栗東市公共下水道事業会計補正予算(第3号)について・収益的収支のうち収益的収入32,215千円を減額し、収益的支出 13,981千円を減額する。
・資本的収支のうち資本的収入15,372千円を減額し、資本的支出21,902千円を減額する。
予算18令和2年度栗東市農業集落排水事業特別会計補正予算(第13号)について・歳入歳出それぞれ1,043千円を減額し、総額145,585千円とする。
人事19人権擁護委員の推薦につき議会の意見を求めることについて・任期満了による
住所:栗東市蜂屋
氏名:田中康子氏
生年月日:昭和23年
人事20人権擁護委員の推薦につき議会の意見を求めることについて・任期満了による
住所:栗東市御園
氏 名:田所秀孝氏
生年月日:昭和25年
人事21人権擁護委員の推薦につき議会の意見を求めることについて・任期満了による
住所:栗東市荒張
氏 名 :山下祐平氏
生年月日:昭和28年
条例22栗東市部設置条例の一部を改正する条例の制定について・市民政策部を市長公室と市民政策部に分割する。
・環境経済部を生活環境部と産業経済部に分割する。
・施行日:令和3年4月1日
条例23栗東市長等の損害賠償責任の一部免責に関する条例の制定について・地方自治法等の一部が改正され、市長等の損害賠償責任を負う額について、条例で定める額を控除した額について免責することができるように制度改正が行われたことに伴い、損害賠償責任額の一部免責額を定める条例の制定を行う。
・施行日:公布の日
条例24栗東市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について・国民健康保険財政の健全な運営を図るため、国民健康保険税率の改定等を行うため、所要の改正を行う。
・施行日:令和3年4月1日
条例25栗東市介護保険条例の全部を改正する条例の制定について・介護に関する基本理念及び責務を定め、市町村特別給付の新設、介護保険料率の改正等、所要の改正を行う。
・施行日:令和3年4月1日
条例26栗東市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営の基準等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について・指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準等が改正されたことに伴い、所要の改正を行う。
・施行日:令和3年4月1日
条例27栗東市道路占用料条例及び栗東市道路法に基づく市道の構造に関する技術的基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について・道路法等の改正により、自転車通行帯、歩行者利便増進道路等に関する規定が新設されたことに伴い、所要の改正を行う。
・道路法施行令の改正により、国道の占用料の額が改定されたことに準じ、市が管理する道路の占用料の額を改定するため、所要の改正を行う。
・施行日:令和3年4月1日
条例28栗東市水道事業及び公共下水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について・公共下水道事業の事業認可変更に伴い、所要の改正を行う。
・施行日:令和3年4月1日
条例29栗東市屋外体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について・屋外体育施設のうち大宝テニスコートを令和3年9月30日をもって廃止するため、所要の改正を行う。
・施行日:令和3年10月1日
その他30栗東市道路線の廃止について・野尻区内10号線
・花園区内下ノ小塚1号線
・野尻中ノ井川線
・計 3路線
その他31栗東市道路線の認定について・山入区内大平田6号線
・上鈎区内18号線
・野尻区内10号線
・花園区内下ノ小塚1号線
・野尻中ノ井川線
・計 5路線
予算32令和3年度栗東市一般会計補正予算(第1号)について・歳入歳出それぞれ452,553千円を追加し、総額26,572,553千円とする。
予算33令和2年度栗東市一般会計補正予算(第11号)について・歳入歳出それぞれ22,263千円を追加し、総額33,432,029千円とする。
人事34栗東市副市長の選任につき議会の同意を求めることについて・住所 栗東市辻
・氏名 國松康博
生年月日 昭和35年5月
条例35栗東市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について・新型コロナウイルス感染症の影響により一定額以上の収入の減少が見込まれる者は、令和4年3月31日までの間に納期限が定められている国民健康保険税まで延長して減免を行うことができるよう改正を行う。
・施行日:公布の日
条例36栗東市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について・新型コロナウイルス感染症の影響により一定額以上の収入の減少が見込まれる者は、令和4年3月31日までの間に納期限が定められている介護保険料まで延長して減免を行うことができるよう改正を行う。
・施行日:公布の日
請願7大津湖南都市計画北中小路工業団地地区計画(案)に関する誓願書・主旨:農業振興地域開発予定地に隣接する5自治会の全住民に対し、市からの自主的な説明会は1回も開かれることなく、企業誘致を強引に推し進めようとしているが、開発には問題点が多くあり、法に抵触する可能性すら危惧され、今すぐ中止すべき。
陳情6「日米地位協定改定を求める意見書」の採択を求める陳情書・主旨:2018年7月に全国知事会が採択した「日米地位協定の抜本的な見直しなどを求める国への提言」にもとづきその旨を国および関係機関に貴自治体議会として、別紙の意見書を提出するよう求める陳情書。

地方自治法に基づく報告について

報告第1号委任専決事項の報告について
・令和2年12月17日に手原赤坂会館横集合住宅のフェンスの一部を破損した事故に関し、相手方と和解し、損害賠償の額を定めること。
・損害賠償額68,002円

個人質問

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM