定例会・臨時会

2015年3月定例会

会期(3月3日~ 3月24日)

重要課題の現状について(市長)

はじめに、本市の財政状況についてであります。
我が国経済は「景気は個人消費などに弱さが見られるが緩やかな回復基調が続いている。」とされ、雇用、所得環境の改善傾向と各種政策の効果により緩やかに回復していくことが期待されています。
しかしながら、「消費マインドの弱さや海外景気の 下振れなど、景気を下押しするリスクに留意する必要がある。」とされています。
このような経済状況のもと、本市の財政は、景気の 回復基調による法人市民税の増収などを見込んでいるものの、厳しい行財政状況が続いていることに変わり ありません。
これまでから、財政の健全化に向け、「(新)集中改革プラン」をはじめとした諸改革を実施してまいりましたが、現下の厳しい状況を乗り切るため、これまでどおり改革の手綱を緩めることなく、着実に歩みを進め、 一日も早く市民の皆様に安心していただける安定した財政構造の実現を図ってまいりたいと考えておりますので、引き続き議員各位の格段のご理解をお願いいたします。

次に、一昨年の台風18号の被害に対する復旧・復興への取り組みにつきましては、災害復旧計画に基づき 引き続き平成27年度までの計画期間に、被災された方の暮らしの再生や、都市基盤施設の復旧等の分野において、県や国の支援を受けながら、本格復旧に向け、全庁を挙げて積極的に事業推進に取り組みます。

特に、被害の大きかった安養寺山治山事業につきましては、崩落を免れた自然斜面対策等残る災害箇所について滋賀県により順次本格復旧に取り組んでいただいております。また、被災された方々の日々の生活には、まだまだ多くのご苦労があると思います。引き続き、心身の健康保持と一刻も早い生活再建に向け、支援を行ってまいりたいと考えております。

次に、まちづくり基本構想(後継プラン)の進捗状況としましては、都市計画道路下鈎出庭線1工区は、通行いただきながら、県道との取付け部分を年度内の完了 予定で進めています。2工区におきましては用地測量 並びに詳細設計を進め、支線道路、集落間連絡道路の 整備とともに進捗を図ってまいります。 
中央都市下水路につきましては、中の井川ショートカットとの接続部を年度内に完成するとともに、残る部分について関係者と調整を図りながら工事を進めてまいります。
共同の土地活用につきましては、物流企業をはじめ 数社の建築も進み姿が見えてきました。今後においても地権者の意向を踏まえながら、情報発信等の活動を行い、土地活用が進むように引き続き県とともに鋭意取り組んでまいります。

監査報告

平成27年3月議会 代表監査委員報告

平成27年3月3日

 栗東市議会定例会にあたりまして、監査報告の機会を得ましたので、本年2月末までに実施しました、監査の概要について、報告いたします。

 まず、定期監査でありますが、38課30施設について実施いたしました。それぞれ財務に関する事務の執行及び経営に係る事業について、提出された資料に基づき監査した結果、概ね適正に執行されておりました。

 次に例月出納検査につきましては、一般会計・特別会計、水道事業会計、公共下水道事業会計の計数は正しく、かつ出納に係る事務処理につきましても適正と認めております。

 財政援助団体等につきましては、11団体、公の施設の指定管理者2者の監査を執行いたしました。援助団体については、市からの補助金等が、概ね目的にそって活用されていることを確認しており、更なる活動の推進とともに、自主運営に向け効率的な運用をされるよう指示いたしました。

 指定管理者については、施設の管理状況等が概ね適正に行われていることを確認するとともに、適正で合理的かつ効率的な事務事業の執行に、なお一層努力されるよう指示いたしました。

 次に、すでに決算時に報告済みでありますが、「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」に基づく、健全化判断比率については、公表されているとおり、実質公債比率が18.0%と前年度の19.2%より1.2ポイント改善されたものの、全国的に見ても高い数値となっております。財政の硬直化を招かないよう、引き続き健全な財政運営の取り組を進めなければなりません。

 市財政の根幹をなす市税等について、なお一層の収納率の向上に努めなければなりません。
 特に、市税等の滞納額が膨らんでおり、公平・公正な負担の原則からも、滞納に至らない対策を講じるとともに、滞納額の縮小に向けて、市税等の早期回収に努める必要があります。
 また、財政調整基金等の積み立てについては、非常に厳しい財政状況にありますが、本市の財政規模を踏まえると、引き続き計画的に積み立てる必要があります。

監査にあたる者といたしましては、合規性・合法性の観点に加え「最小の経費で最大の効果」を念頭に、今以上に厳正な監査執行に努めなければならないと思っております。

 以上、定期監査、その他の結果について、ご報告申し上げましたが、市民の理解と協力の下で、今後も効率化や創意工夫に努めながら、財政健全化に取り組まれ、「いつまでも住み続けたくなる安心な元気都市栗東」の実現を目指し、限られた財源を有効活用し、公共の福祉の充実を期待して、監査報告といたします。

議事日程

日付日程議事内容
3/3報告事項地方自治法等に基づく報告報告第1号:平成26年10月24日 栗東市立大宝幼稚園で発生した車両破損事故に関し、相手方と和解し、損害賠償の額を、24万8千320円と定めることについて専決処分を行った。
日程第1会議録署名人の指名について(1)伊吹みちえ議員
(2)田村隆光議員
日程第2会期決定について3月3日〜3月24日(22日間)
日程第3施政方針について(1)施政方針(市長)
(2)教育方針(教育長)
日程第4各委員会の報告(1)文教福祉常任委員会-1
(2)議会改革特別委員会
(3)産業廃棄物最終処分場対策特別委員会
(4)地域活性化特別委員会
日程第5議案第1号〜議案第36号までの一括上程について市長より提案理由の説明
3/10日程第1会議録署名人の指名について(1)小竹庸介議員
(2)國松 篤議員
日程第2代表質問について(1)日本共産党議員団
(2)新政会
(3)公明栗東
(4)栗東市民ネットワーク
3/11日程第1会議録署名人の指名について(1)片岡勝哉議員
(2)林 好男議員
日程第2個人質問について(1)寺田範雄
(2)片岡勝哉
(3)櫻井浩司
(4)林 史代
(5)小竹庸介
3/12日程第1会議録署名人の指名について(1)上田忠博議員
(2)藤田啓仁議員
日程第2個人質問について(1)伊吹みちえ
(2)大西時子
(3)太田浩美
(4)中村昌司
(5)田村隆光
日程第3議案第1号〜議案第36の委員会付託について別紙付託表の通り
日程第4議案第37号および議案第38号の一括上程について質疑の後、委員会付託
3/24日程第1会議録署名人の指名について(1)林 史代議員
(2)山本 章議員
日程第2各常任委員会委員長報告について(1)総務常任委員会
(2)環境建設常任委員会
(3)文教福祉常任委員会
日程第3議案第39号
議案第40号
委員会付託を省略し採決
日程第4議提案第11号委員会付託を省略し採決
日程第5議提案第12号委員会付託を省略し採決
日程第6意見書案第40号委員会付託を省略し採決
日程第7意見書案第41号委員会付託を省略し採決
日程第8意見書案第42号委員会付託を省略し採決

提出議案

区分番号議案名内容採決
人事1人権擁護委員の推薦につき議会の意見を求めることについて任期満了による
住所 栗東市御園1745番地3
氏名 田所秀孝 氏
生年月日 昭和25年10月31日生
◎可決
人事2人権擁護委員の推薦につき議会の意見を求めることについて任期満了による
住所 栗東市蜂屋841番地
氏名 田中康子 氏
生年月日 昭和23年8月17日生
◎可決
人事3人権擁護委員の推薦につき議会の意見を求めることについて任期満了による
住所 栗東市荒張670番地1
氏名 勝山圓昭 氏
生年月日 昭和24年5月29日生
◎可決
条例4栗東市部設置条例の一部を改正する条例の制定について・総合窓口課を市民部から総務部に、保険年金課を市民部から健康福祉部にそれぞれ移管する。
・施行日:平成27年4月1日
◎可決
条例5栗東市情報公開条例卒び栗東市個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定について・独立行政法人通則法の一部を改正する法律(平成26年法律第66号)の施行により、その役職員に国家公務員の身分が付される法人が特定独立行政法人から行政執行法人に改められたため、所要の改正を行う。
・施行日:平成27年4月1日
◎可決
条例6栗東市行政手続条例の一部を改正する条例の制定について・行政手続法の一部を改正する法律(平成26年法律第70号)の施行により、行政指導の方式が改められ、また、行政指導の中止等の求めと処分等の求めの制度が新設されたため、所要の改正を行う。
・施行日:平成27年4月1日
◎可決
条例7栗東市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例等の一部を改正する条例の制定について・特別職の職員で非常勤のものの報酬の額並びに市長、副市長及び教育長の給料月額を平成27年度から平成29年度までの間、現行の額から5%減額する。
・施行日:平成27年4月1日
◎可決
条例8栗東市特定教育・保育施設の利用者負担に関する条例の制定について・特定教育・保育施設の利用に際し、支給認定保護者が負担する額(保育料)を定める。
・施行日:平成27年4月1日
◎可決
条例9栗東市介護保険条例等の一部を改正する条例の制定について・第6期介護保険料として、平成27年度から平成29年度までの介護保険料を定める。
・介護保険法施行規則等の一部を改正する省令の施行に伴い、次の条例を省令の改正に沿って改正する。
  栗東市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営の基準等に関する条例
  栗東市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法の基準等に関する条例
・施行日:平成27年4月1日
◯可決
条例10栗東市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法の基準等を定める条例の制定について・地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律(平成25年法律第44号)の施行により、介護保険法が改正されたことに伴い、指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法の基準等を定める。
・施行日:平成27年4月1日
◎可決
条例11栗東市地域包括支援センターの職員及び運営に関する基準を定める条例の制定について・地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律(平成25年法律第44号)の施行により、介護保険法が改正されたことに伴い、地域包括支援センターの職員及び運営に関する基準を定める。
・施行日:平成27年4月1日
◎可決
条例12栗東市工場等誘致に関する条例の一部を改正する条例の制定について・指定集積区域内に工場等を新設した者に対して交付する奨励金制度を5年間延長する。
・施行日:平成27年4月1日
◎可決
条例13栗東市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について・野洲川運動公園のローンプレイフィールドを廃止し、芝グラウンドとして整備する。
・施行日:平成27年5月11日、7月1日
◎可決
条例14栗東市道路占用料条例の一部を改正する条例の制定について・道路法施行令の一部を改正する政令(平成25年政令第313号)により改正された道路法施行令別表第2級地の占用料の額に改正する。
・施行日:平成27年4月1日
◎可決
条例15栗東市消防団条例等の一部を改正する条例の制定について・消防団員の報酬の額を平成27年度から平成29年度までの間、現行の額から5%減額する。
・機能別消防団員の報酬の額を2,100円とする。
・費用弁償の額を600円上げる。
・施行日:平成27年4月1日
◎可決
条例16地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について・地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第76号)の施行に伴い、教育委員会制度が改められたことにより、所要の改正を行う。
【改正条例】
  栗東市職員の職務に専念する義務の特例に関する条例
  栗東市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例
  栗東市職員定数条例
  栗東市特別職報酬等審議会条例
  栗東市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例
  栗東市職員等の旅費に関する条例
・施行日:平成30年4月2日までの間において規則で定める日
◯可決
その他17栗東市道路線の廃止について・十里明日香団地1号線ほか2路線◎可決
その他18栗東市道路線の認定について・十里1号幹線ほか9路線◎可決
その他19市有財産の処分につき議会の議決を求めることについて財産の所在 栗東市目川字村ノ内384番、384番1
地目    宅地
地積    181㎡
譲渡を受ける者 認可地縁団体 目川自治会
         代表者 鎌田 寛
◎可決
予算20平成26年度栗東市一般会計補正予算(第6号)について・歳入歳出それぞれ 384,543千円を減額し、総額22,248,926千円とする。◎可決
予算21平成26年度栗東市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について・歳入歳出それぞれ106,791千円を追加し、総額5,292,188千円とする。◎可決
予算22平成26年度栗東市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について・歳入歳出それぞれ 622千円を追加し、総額493,379千円とする。◎可決
予算23平成26年度栗東市介護保険特別会計補正予算(第3号)について・歳入歳出それぞれ105,584千円を減額し、総額2,881,161千円とする。◎可決
予算24平成26年度大津湖南都市計画事業栗東新都心土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について・歳入歳出それぞれ 2,324千円を減額し、総額83,375千円とする。◎可決
予算25平成26年度栗東市公共下水道事業会計補正予算(第3号)について・資本的収支のうち資本的収入 2,953千円を減額し、資本的支出 3,961千円を減額する。◎可決
予算26平成27年度栗東市一般会計予算について・歳入歳出それぞれ 23,290,000千円◯可決
予算27平成27年度栗東市土地取得特別会計予算について・歳入歳出それぞれ 664,021千円◎可決
予算28平成27年度栗東市国民健康保険特別会計予算について・歳入歳出それぞれ 6,066,210千円◯可決
予算29平成27年度栗東市後期高齢者医療特別会計予算について・歳入歳出それぞれ 515,323千円◯可決
予算30平成27年度栗東市介護保険特別会計予算について・歳入歳出それぞれ 3,168,291千円◎可決
予算31平成27年度栗東墓地公園特別会計予算について・歳入歳出それぞれ 5,276千円◎可決
予算32平成27年度大津湖南都市計画事業栗東駅前土地区画整理事業特別会計予算について・歳入歳出それぞれ 57,895千円◎可決
予算33平成27年度大津湖南都市計画事業栗東新都心土地区画整理事業特別会計予算について・歳入歳出それぞれ 83,213千円◎可決
予算34平成27年度栗東市水道事業会計予算について(収益的収入及び支出)
・収入1,335,399千円
・支出1,249,137千円
(資本的収入及び支出)
・収入 394,483千円
・支出 723,014千円
◎可決
予算35平成27年度栗東市公共下水道事業会計予算について(収益的収入及び支出)
・収入1,746,344千円
・支出1,700,480千円
(資本的収入及び支出)
・収入1,061,807千円
・支出1,592,665千円
◎可決
予算36平成27年度栗東市農業集落排水事業特別会計予算について・歳入歳出それぞれ 32,475千円◎可決
予算37平成26年度栗東市一般会計補正予算(第7号)について・歳入歳出それぞれ 108,485千円を追加し、総額 22,357,411千円とするも◎可決
予算38平成27年度栗東市一般会計補正予算(第1号)について・歳入歳出それぞれ 41,580千円を減額し、総額 23,248,420千円とする◎可決
議提10栗東市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例及び栗東市議会政務活動費の交付に関する条例の一部を変更する条例の制定について平成23年7月1日から平成27年3月31日まで議員報酬を減額するということについて、任期満了日の平成27年5月31日までに延長するための条例改正。◎可決
議提11栗東市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について・栗東市議会委員会条例の傍聴の項と、議会基本条例の議会の公開の項との統一性を図るための改正。
・教育委員会の法改正に伴う改正。
◎可決
要望24森林・林業施策および「こんぜの里」周辺に関する要望書<提出者>
・栗東市内森林組合連絡協議会
要望25栗東市図書館の管理・運営に要望書<提出者>
・滋賀の図書館を考える会
陳情8発達障害によるいじめ防止に関する陳情<提出者>
・宇井 一 氏
意見書40CLTの普及促進による林業・木材産業の活性化を求める意見書提出者:小竹庸介議員
賛成者:藤田啓仁・田村隆光ほか9名
◯可決
意見書41年金のマクロ経済スライド発動中止を求める意見書提出者:大西時子
賛成者:太田浩美・伊吹みちえ
×否決
意見書42合意なき農協改革の中止を求める意見書提出者:太田浩美
賛成者:大西時子・伊吹みちえ
×否決

※◎=全員賛成で可決、◯=賛成多数で可決、×=賛成少数で否決

地方自治法に基づく報告

報告第1号委任専決事項の報告について
  栗東市立大宝幼稚園において発生した車両破損事故に関し、相手方と和解し、損害賠償の額を定めること。損害賠償額 248,320円

個人質問

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM