栗東市議会議員 田村たかみつのホームページです。(滋賀県栗東市)

FrontPage

衆議院解散!国民の選択は!

 9月議会が、9月29日に終了しました。
 その前日、安倍総理が衆議院の解散を発表。そして、それを待っていたかのように小池東京知事が新党「希望の党」の立ち上げを発表。大義は、「安倍一強政治を終わらせるため」とのことで、代表にも就任するとの発表。
 このことで、すっかり安倍さんの解散のニュースもくすんでしまいました。
 しかし、それより驚いたのは、民進党前原代表の「希望の党」との合流発言。
 「安倍一強政治を終わらせるため」と希望の党との同じ目標を達成するために、「名を捨て実をとる」との決断。民進党所属の衆議院議員は全員離党し、希望の党へ公認申請をすることを両議員総会で決定。そして、その公認決定は小池代表の思い一つにかかっているとのこと。完全に民進党は、金も魂も、プライドも捨ててしまったのでしょうか?。
 確かに、「安倍一強政治を終わらせるため」という大義は、野党共闘によるしか実現は不可能でしょう。しかし、小池代表の野党共闘は、「排除の論理」からのスタート。共産党との共闘は論外、民進党リベラル派の排除や他党議員も希望の党の理念に基づき判断するとの完璧に上から目線で、すっかりキャスティングボードを握ったことで独断状態。

画像の説明

 私個人的には、小池新党は、自民党の補完勢力でしかなく、立憲主義を守る、安保法制の廃止、原発ゼロ、憲法9条の堅持を訴え続けて来た地元議員や民進党は、このことをどう市民に、有権者に説明するのか?極めて疑問です。
 解散が決まり、いよいよ選挙ですが、自民党の補完勢力である希望の党、消滅した民進党、またまた、有権者の受け皿がなくなった!と深い憤りを感じるとともに、この国の行く末を心から心配しています。

栗東市議会議員 田村隆光


a:53094 t:12 y:6

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional