栗東市議会議員 田村たかみつのホームページです。(滋賀県栗東市)

FrontPage

人間万事塞翁が馬

 新型コロナウイルスの感染拡大も一定落ち着きを見せ始めましたが、一連の感染拡大における影響は、地球規模で影響が広がり、各国経済対策を始め、ワクチンや特効薬の開発に期待し、また、日常生活を取り戻すべく、各種支援策を展開しています。
 日本においても、初動対応には批判もありますが、1日も早く日常を取り戻すべく、国民が一つとなってがんばっています。
 
 栗東市においては、7名(県内99名)が罹患しましたが、現在(5/23現在)は、全ての人が退院され、4/23以降、罹患者の発生はありません。
 しかし、この間、廃業等の企業数が13社(法人のみ)、栗東市栗東商工会の融資等の申請が251件、県の臨時支援金等の申請が169件(県内4,366件)など自粛要請による経済的な疲弊の状況が見られ、相談件数も増加しています。
 そして、「ひとり10万円の支援金」である特別定額給付金の手続きも順調に進んでおり、5/22現在で、約80%の申請が届いています。
 実際の給付金の振込は、5/28以降となります。

 一方、小中学校の子ども達も、3/2以降、休校が続いていましたが、5/18からは分散登校ではありますが、休校が解除され、6/1からは平常の開校となる予定で準備が進められています。
 しかし、予期せぬ長期休校で子どもたちのストレスも相当なものがあり、高校生も含め、学習の遅れをどう取り戻すかなどの課題も残っています。

 新年最初には、ほとんどの人が想像すらしなかった見えない敵と対峙するような事態。
 緊急事態宣言による外出自粛などで、疲弊した生活と経済をどう取り戻すのか、また、今後、ウイルスという見えない敵とどう向かい合っていくのか。そして、日常と経済をどう取り戻すのかを、早急に検討しなければなりません。
 また、今回の災厄で、得たものもあると思いますので、今後に活かしていくためにはどうすれば良いかを、みんなで考える機会にすべきです。
 この難局、みなさんとともに乗り切っていきましょう。

 新型コロナウイルスに関するページは、左のメニュー欄()にまとめましたのご活用ください。

栗東市議会議員

田村隆光


a:69543 t:15 y:21

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional