201003

定例会・臨時会

2010年 3月定例会

会期(3月3日〜3月24日)

提出議案

区分番号議案名内容採決
予算1平成21年度栗東市一般会計補正予算(第6号)について・歳入歳出それぞれ7,132千円を追加し、総額29,078,466千円とするもの。
・子ども手当対応用ソフトの開発代
◎可決
人事2栗東市教育委員会委員の任命につき議会の同意を求めることについて・任期満了によるもの(新任)
・住所 栗東市安養寺5丁目
・氏名 森本 明 氏
・生年月日 昭和24年8月23日
◎可決
人事3栗東市固定資産評価審査委員会委員の選任につき議会の同意を求めることについて・任期満了によるもの(再任)
・住所 栗東市小柿9丁目
・氏名 浅井 剛 氏
・生年月日 昭和28年8月13日
◎可決
条例4栗東市特別の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について・教育研究所指導員を配置することに伴い、所要の改正を行う
・施行日:平成22年4月1日
◯可決
条例5栗東市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について・保険税率の改定に伴い、所要の改訂を行う。国民健康保険の被保険者の基礎課税額(医療分)
 所得割 7.33%→7.84%
 均等割 30,200円→31,700円
世帯別平等割
  特定世帯以外 27,000円→28,300円
  特定世帯 13,500円→14,150円
 後期高齢者支援金の基礎課税額(支援金分)
 所得割額 2.05%→2.10%
 均等割額 7,800円→8,150円
 世帯別平等割額
  特定世帯以外 7,200円→7,500円
  特定世帯 3,600円→3,750円
 介護分の基礎課税額(介護分)
 所得割額 1.68%→1.75%
  均等割額 8,900円→8,950円
 世帯別平等割額 5,200円→5,250円
・施行日 平成22年4月1日
◯可決
条例6栗東市手数料条例の一部を改正する条例の制定について・砂利採取計画に関する事務の権限移譲により同計画の認可及び変更許可に係る審査手数料を定める。
 認可審査手数料 1件=37,700円
 変更許可審査手数料 1件=17,000円
・農業委員会が交付する次の証明書の発行手数料を定める。
 耕作証明書、農業家であることの証明書、農地転用事実証明書、納税猶予に関する適格者証明書 1件=350円
・施行日 平成22年4月1日
◯可決
条例7栗東市小柿老人憩の家設置条例を廃止する条例の制定について・小柿老人の家を廃止する。
・小柿1区の自治ハウスとして無償貸与する。
・施行日 平成22年4月11日
◎可決
条例8老人福祉医療費助成条例の一部を改正する条例の制定について・滋賀県基準に基づき、平成22年4月1日から平成23年3月31日までの住民税非課税世帯の自己負担額(2割)を引き続き1割に維持する。
・施行日 平成22年4月1日
◎可決
条例9栗東市工場誘致に関する条例の一部を改正する条例の制定について・企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第5条第2項第2号の規定により集積地域として設定した者に対して、奨励金を交付する。
 奨励内容
  用地取得補助金
   用地取得費の3分の1以内で5億円を限度とし、5年分割
  固定資産税に基づく奨励金
   投下固定資本に課する固定資産税額の2分の1に相当する額を限度とし、5年間
・施行日 平成22年4月1日
◯可決
条例10栗東市公共下水道条例の一部を改正する条例の制定について・滋賀県流域下水道接続等取扱要綱の改正に伴い、所要の改正を行う。
・施行日 公布の日
◎可決
その他11契約の締結につき議会の議決を求めることについて・栗東西中学校増築・耐震補強工事(建築工事)の請負契約のついて
 契約の相手方
  滋賀県栗東市上鈎480番地
   株式会社 三東工業社 本社
    本社長 中村幸治
 契約の金額
  459,276,300円
   (うち消費税及び地方消費税の額 21,870,300円)
◎可決
その他12字の区域及び名称の変更につき議会の議決を求めることについて・上砥山川南土地区画整理事業の施工に伴い、字の区域及び寝衣装を変更する。◎可決
その他13栗東市道路線の廃止について・川南区内2号線
・蜂屋下虫喰線
・蜂屋角田南線
◎可決
その他14栗東市道路線の認定について・川南区内2号線 外9路線◎可決
予算15平成21年度栗東市一般会計補正予算(第7号)について・歳入歳出それぞれ25,533,1051千円を追加し、総額31,611,571千円とする。◯可決
予算16平成21年度栗東市土地取得特別会計補正予算(第1号)について・歳入歳出それぞれ2,825,028千円を追加し、総額3,075,728千円とする。◎可決
予算17平成21年度栗東市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について・歳入歳出それぞれ45,935千円を減額し、総額5,168,766千円とする。◎可決
予算18平成21年度栗東市老人医療保健特別会計補正予算(第2号)について・歳入歳出それぞれ17,996千円を減額し、総額15,515千円とする。◎可決
予算19平成21年度栗東市介護保険特別会計補正予算(第3号)について・歳入歳出それぞれ28,394千円を追加し、総額2,042,911千円とする。◎可決
予算20平成21年度大津湖南都市計画事業栗東新都心土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について・歳入歳出それぞれ1,107千円を減額し、総額97,604千円とする。◎可決
予算21平成21年度栗東市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について・総額 2,670,8991千円とする。
 (財源組替)
◎可決
予算22平成22年度栗東市一般会計予算について・歳入歳出それぞれ27,186,0001千円とする。◯可決
予算23平成22年度栗東市土地取得特別会計予算について歳入歳出それぞれ213,970千円とする。◎可決
予算24平成22年度栗東市国民健康保険特別会計予算について歳入歳出それぞれ4,873,580千円とする。◯可決
予算25平成22年度栗東市老人医療特別会計予算について歳入歳出それぞれ2,025千円とする。◎可決
予算26平成22年度栗東市後期高齢者医療特別会計予算について歳入歳出それぞれ414,262千円とする。◯可決
予算27平成22年度栗東市介護保険特別会計予算について歳入歳出それぞれ2,155,377千円とする。◎可決
予算28平成22年度栗東市墓地公園特別会計予算について歳入歳出それぞれ5,016千円とする。◎可決
予算29平成22年度大津湖南都市計画事業栗東駅前土地区画整理事業特別会計予算について歳入歳出それぞれ92,779千円とする。◎可決
予算30平成22年度大津湖南都市計画事業栗東新都心土地区画整理事業特別会計予算について歳入歳出それぞれ143,421千円とする。◎可決
予算31平成22年度栗東市水道事業会計予算について・収益的収入及び支出}
  収入 1,226,5981千円
  支出 1,216,2641千円とする。
・資本的収入及び支出
  収入 103,5371千円
  支出 424,1831千円とする。
◎可決
予算32平成22年度栗東市公共下水道事業特別会計予算について歳入歳出それぞれ2,642,265千円とする。◎可決
予算33平成22年度栗東市農業集落排水事業特別会計予算について歳入歳出それぞれ31,858千円とする。◎可決
予算34平成21年度栗東市一般会計補正予算(第8号)について歳入歳出それぞれ3,160,139千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ34,771,710千円とする。◯可決
予算35平成22年度栗東市一般会計補正予算(第1号)について歳入歳出それぞれ3,150,104千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ30,336,104千円とする。◎可決
意見書32「ヒロシマ・ナガサキ議定書」のNPT再検討会議での採択に向けた取り組みを求める意見書[提出者]
藤田啓仁市議会議員
[賛成者]
國松篤市議会議員・井之口秀行市議会議員ほか3名
[内容]
・国会及び政府は、「ヒロシマ・ナガサキ議定書」の趣旨に賛同し、2010年NPT再検討会議において同議定書を議題として提案し、その採択に向けて核保有国をはじめとする各国政府に働きかけることを求めるもの。
◎採択
意見書33国民健康保険に対する国庫負担の見直し・増額を求める意見書[提出者]
太田浩美市議会議員
[賛成者]
馬場美代子・國松清太郎
[;内容]
・国は国民健康保険を真に社会保障として存続させ誰もが安心して必要な医療が受けられるような制度にするため国庫負担を見直し、増額されるよう求めるもの
△不採択
意見書34子どもの医療費無料化制度の早期実現を求める意見書[提出者]
太田浩美市議会議員
[賛成者]
馬場美代子・國松清太郎
[内容]
・小学校就学前まで子どもを対象とした国の医療費無料化制度を早期に創設すること
△不採択
意見書35民主主義を破壊する衆議院の定数削減はやめるよう求める意見書[提出者]
馬場美代子
[賛成者]
太田浩美市議会議員・國松清太郎
[内容]
・民主主義を破壊する衆議院の定数削減はやめるよう強く求めるもの
△不採択
意見書36企業・団体献金の禁止を求める意見書[提出者]
馬場美代子
[賛成者]
太田浩美市議会議員・國松清太郎
[内容]
・企業、団体による政党、政治団体、政治家への献金を無条件で禁止されるよう強く求めるもの
△不採択
意見書37米軍普天間飛行場の早期閉鎖、返還と県内移設に反対し、国外移設を求める意見書[提出者]
馬場美代子
[賛成者]
太田浩美市議会議員・國松清太郎
[内容]
・沖縄県民の生命、財産、生活環境を守る立場から、日米両政府が普天間飛行場を早期に閉鎖、返還するとともに、県内移設を止め、国外に移設されるよう強く求めるもの
△不採択
意見書38日米自由貿易協定(FTA)交渉の中止を求める意見書[提出者]
國松清太郎
[賛成者]
太田浩美市議会議員・馬場美代子市議会議員
[内容]
・わが国にとって米、麦、牛肉、豚肉等の重要品目の関税撤廃を行うことは食料自給率の向上どころか、わが国の農業を崩壊させることにつながりかねないことから、日米自由貿易協定(FTA)の締結に向けた交渉は行わないことを求めるもの
△不採択
意見書39改正貸金業法の早期完全施行等を求める意見書[提出者]
北野一郎市議会議員
[賛成者]
藤田系仁市議会議員・田村隆光市議会議員ほか4名
[内容]
・改正貸金業法を早期に完全施行することを求めるものほか
◎採択
請願書24改正貸金業法の早期完全施行等を求める意見書[提出者]
北野一郎市議会議員
[賛成者]
藤田系仁市議会議員・田村隆光市議会議員ほか4名
[内容]
・改正貸金業法を早期に完全施行することを求めるものほか
◎採択
陳情書9・憲法違反の外国人参政権による選挙を実施しないことを再確認する陳情
[提出者] 滋賀県長浜市八幡東町 伊藤公次
[陳情事項] ・憲法及び最高裁の判例に基づき、永住外国人には参政権がないことを確認することを求める。ほか
陳情書10・永住外国人への地方参政権付与の法制化に反対する意見書の決議を求める陳情
[提出者] 滋賀県長浜市八幡東町 伊藤公次
[陳情事項] ・永住外国人への地方参政権付与の法制化に反対する意見書の決議を求める

◎=全員一致  ◯=賛成多数  △=否決

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM