定例会・臨時会

2010年 6月定例会

会期(6月10日〜6月28日)

市長行政報告

 ただいま上程をされました、各議案につきましての提案理由の説明を申し上げます前に、お許しをいただきまして、昨今の市政の重要課題等についての現況報告をいたします。

まず、栗東新産業地区工業団地整備事業等の進捗状況ですが、新幹線新駅の跡地の新たなまちづくりである後継プランについては、平成22年度「新活力創生事始」の主要な施策事業として、各種基盤整備事業の実施と企業立地の促進及び地域のまちづくり推進に向け取り組んでおります。
 その一つの企業立地については、本市土地開発公社による栗東新産業地区工業団地整備事業の第1期区域約5.6haにつきまして、去る4月14日には株式会社リチウムエナジージャパン様の栗東新工場の建設とその投資額は約375億円であることなどが正式に発表されました。
これも偏に関係皆様のご支援ご協力の賜であり、深く感謝申し上げますとともに本市として同社を心から歓迎いたします。
 現在、仮設道路工事並びに仮設都市下水路工事を進めており、今年10月の建設工事着工ができるよう9月末の造成工事完了に向けて全力で取り組んでおります。
また、第2期区域の約4.4haにつきましては、去る4月10日から用地交渉を行い現在約8割の契約ができました。今後も引き続き残りの取得に向けて努力し、「環境と新技術」に相応しい企業立地の推進に取り組んでまいります。

次に、今月3日には、低炭素社会の実現に向けて電気自動車2台を導入致しました。これは、平成15年に策定しました市環境基本計画に基づきまして、公用車の低公害車への更新時期に合わせて買い替えを実施したものであります。
 市としましてはこの車の啓発をかねて、市長公用車として使用することをはじめ、イベントや環境教育の場に積極的に活用してまいります。
このことによって、広く市民や事業所の皆様に電気自動車に関心を持っていただき、クリーンエネルギーの利用促進や温室効果ガスの 抑制意識の高揚になればと考えております。
また、先ほども申しましたように、後継プランによるまちづくりのテーマを「環境と新技術」とし、その中核的な新産業として、電気自動車用電池を製造している株式会社リチウムエナジージャパン様が、今後はこの栗東の地から国内はもとより世界各地に最高技術のリチウムイオン電池が供給される予定であります。
このことは、本市が「地球環境にやさしいまち」への先導的な役割を果たす拠点となり、併せてこれが地域ブランドにもなって、市の限りない発展に繋がるものと確信するものであります。
このような企業の立地を市あげて歓迎する姿勢を表するためにも、今回、電気自動車を導入することといたしました。

終わりに、株式会社RDエンジニアリング 産業廃棄物最終処分場問題であります。
県と周辺自治会連絡会との話し合いは、4月以降3回もたれました。県から一定前向きな考え方が示され、これを評価される住民も増えていることから、徐々にではありますが、前向きの方向に進みつつあるとの感触は持っていますが、まだ合意に至っていないのが現状であります。
こうしたことから、今後も継続して話し合いが持たれていきますが、市としましては、地下水汚染防止のためにも、一日も早い対策工の実施に向け、そのために県、住民との協議等、市として努力をしてまいります。

以上、市政の現況報告といたします。今後も本市が直面いたしております重要課題解決に最大の努力をはらい、市の発展と市民福祉の向上を図っていく所存でございますので、議員各位の一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。

提出議案

区分番号議案名内容採決
条例36専決処分
栗東市税条例の一部を改正する条例の制定について
・地方税法等の一部を改正する法律の施行に伴い、所要の改正を行う。
・施行日:平成22年4月1日
◎全員
条例37専決処分
栗東市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について
・地方税法等の一部を改正する法律の施行に伴い、所要の改正を行う。
・施行日:平成22年4月1日
△多数
予算38専決処分
平成21年度栗東市一般会計補正予算(第9号)
・歳入歳出それぞれ222,197千円を減額し、総額34,549,513千円とする。△多数
予算39専決処分
平成21年度栗東市国民健康保険特別会計補正予算(第5号)
・歳入歳出それぞれ226,470千円を減額し、総額4,942,296千円とする。◎全員
予算40専決処分
平成21年度栗東市老人医療保健特別会計補正予算(第3号)
・歳入歳出それぞれ1,249千円を減額し、総額14,266千円とする。◎全員
予算41専決処分
平成21年度栗東市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)
・歳入歳出それぞれ25,012千円を減額し、総額353,852千円とする。◎全員
予算42専決処分
平成21年度栗東市介護保険特別会計補正予算(第4号)
・歳入歳出それぞれ41,528千円を減額し、総額2,001,383千円とする。◎全員
予算43専決処分
平成21年度栗東市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)
・歳入歳出それぞれ22,573千円を減額し、総額2,648,326千円とする。◎全員
予算44専決処分
平成21年度栗東市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)
・歳入歳出それぞれ補正後の予算総額を33,525千円とする。◎全員
条例45栗東市住居表示審議会条例の一部を改正する条例の生体について・平成22年4月1日付の組織改編に伴い、所要の改正を行う。
・施行日:公布の日
◎全員
予算46平成22年度栗東市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)・歳入歳出それぞれ231,666千円を増額し、総額5,105,246千円とする。△多数
人事47人権擁護委員の推薦につき議会の意見を求める事について・任期満了による。
 ・住所 栗東市緒七丁目2番3号
 ・氏名 夏見きみ子 氏
 ・生年月日 昭和19年10月2日生
◎全員
条例48栗東市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について・地方公務員の育児休業等に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴い、所要の改正を行う。
 ・育児休業等をすることができる職員の改正「産後パパ青休」の新設、時間外勤務の制限(免除)の新設等
 ・施行日:平成22年6月30日
◎全員
条例49栗東市税条例の一部を改正する条例の制定について・地方税法等の一部を改正する法律の施行に伴い、所要の改正を行う。
 ・年少扶養廃止に伴う扶養親族の申告に関する規定の整備
 ・非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置の導入。
 ・非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置の導入
 ・施行日:平成22年10月1日、平成23年1月1日、平成25年1月1日、地方自治法の一部を改正する法律の施行の日
△多数
条例50栗東市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例の制定について・県内他市町に所在する障害者支援施設等に入所したことにより、栗東市から県内他市町に住民票を移した者に住所地特例を適用し、栗東市の福祉医療費助成対象者とする。
・施行日:平成22年8月1日
◎全員
その他51工場誘致につき議会の承認を求める事について・次の工場を誘致する。
 ・工場名 株式会社リチウムエナジージャパン
 ・代表取蹄役社長 小野 勝行
 ・本社 京都府京都市南区吉祥院西ノ庄猪之馬場町1番地
 ・資本金額 72.5億円
 ・事業内容 大型リチウムイオン電池の開発・製造・販売
 ・建設予定地 栗東市蜂屋地先
 ・土地面積  約56,000㎡
 ・建築物面積 約45,000㎡
△多数
その他52滋賀県市町村研修センター規約の変更について関係地方公共団体が協議する事につき議会の議決を求める事について・市町合併に伴い、所要の改正を行う。
・近江八幡市及び安土町の新設合併
・施行日:滋賀県知事の認可があった日
◎全員
その他53滋賀県自治会館管理組合規約の変更について関係地方公共団体が協議することにつき議会の議決を求める事について・市町合併に伴い、所要の改正を行う。
・近江八幡市及び安土町の新設合併
・施行日:滋賀県知事の認可があった日
◎全員
その他54滋賀県市町村交通災害共済組合規約の変更について関係地方公共団体が協議することにつき議会の議決を求める事について・市町合併に伴い、所要の改正を行う。
・近江八幡市及び安土町の新設合併
・施行日:滋賀県知事の認可があった日
◎全員
人事55栗東市監査委員の選任につき議会の同意を求める事について・議員のうちから選任する者
・住所 栗東市出庭155番地
・氏名  太田 利貞氏
・生年月日 昭和23年6月6日生
△多数
議提案5栗東市議会議員定数条例の一部を改正する条例の制定について提出者
 宇野 哲・西村政之・國松 篤・林 好男・田村隆光

・栗東市議会議員定数条例の一部を次のように改訂する。
  本則中「20人」を「16人」に改める。
動議可決
議提案5栗東市議会議員定数条例の一部を改正する条例の制定についてに対する修正動議提出者
 野村昌弘・井ノ口秀行・藤田啓仁

・栗東市議会議員定数条例の一部を次のように改訂する。
  本則中「16人」を「18人」に改める。
△可決
請願書26暴力団排除条例の早期制定などを求める請願書【請願者】
・栗東市暴力団追放市民会議 野村政夫
【紹介議員】
・野村昌弘、井之口秀行、池田久代、田村隆光
◎全員
請願書27「選択的夫婦別姓を認める民法の一部改正」に慎重な対応を求める意見書提出に関する請願【請願者】
・栗東市小平井 北川健二
【紹介議員】
・野村昌弘、井之口秀行
△多数
請願書28県立高校の統合廃合に関する請願【請願者】
・滋賀県公立高等学校教職員組合
  執行委員長 杉原秀典
【紹介議員】
・国松清太郎、西村政之、宇野哲
取下げ
意見書40県立高校の性急な統廃合を行わない事を求める意見書&size(12){【提出者】
・市議会議員 林 好男
【賛成者】
・市議会議員 吉仲幸子
・市議会議員野村昌弘
・市議会議員西村政之
・市議会議員池田久代
・市議会議員太田浩美
◎全員
意見書41滋賀県暴力団排除条例の早期制定を求める意見書&size(12){【提出者】
・市議会議員 林 好男
【賛成者】
・市議会議員 吉仲幸子
・市議会議員 野村昌弘
・市議会議員 西村政之
・市議会議員 池田久代
・市議会議員 太田浩美
報告1平成21年度栗東市繰越明許費繰越計算書の報告について・一般会計:総務費の重要機器室設置事業他16件
報告1平成21年度栗東市繰越明許費繰越計算書の報告について・一般会計:総務費の重要機器室設置事業他16件
報告2平成21年度栗東市土地開発公社決算報告及び平成22年度栗東市土地開発公社事業計画について・平成21年度栗東市土地開発公社決算報告及び平成22年度栗東市土地開発公社事業計画について
その他【請負契約事項報告書】
工事名  新たなまちづくり事業・仮設水路設置工事
契約金額  55,925,100円
契約の相手方 三浦建設株式会社 代表取綿役 三浦喜彦

※◎全員=全員賛成、△多数=賛成多数、×=否決

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM