栗東市議会議員 田村たかみつのホームページです。(滋賀県栗東市)

4期目の決意

4期目の決意

“未来の生まれる場を創る”

 栗東市も市政を施行してから13年が経過し、人口も着実に増加。
 現在では、6万7000人を超える状況となっていますし、人口減少社会においても2040年までの人口増が予測されています。市制施行時(H13)が、5万5000人でしたから、毎年1000人規模で増加してきたことになり、市内のあちこちで新しい住宅地の整備も進み、若い子育て世代の方々の移住により賑わいを見せています。
 しかし、かつて「全都市住み良さランキング」で全国第1位にランク(H17)された栗東市も、平成18年の新幹線新駅建設中止による計画変更の影響や国内外の経済の急速な変化に伴う影響により、一気に財政が厳しくなりました。
 そして、平成20年度から今日まで市民の皆様にご理解とご協力のもとに公共料金や各種施策の見直しなど、大胆な行財政改革プランを立ち上げ、財政の健全化に向けて取組み、まだまだ完全ではありませんが、何とか危機的状況からは脱したところまできました。
 そのような状況下で、市議会議員としての4期目をめざす私は、財政の厳しい状況にあっても、市民の皆様の未来への大きな可能性を失わせてはいけないとの思いから、私たちのこの栗東市を「未来が生まれる場」になるよう市民の皆様とともに、考え、行動していきたいと思っています。
 いま、議員は「政治とカネ」や多くの不祥事により、議員としての資質を問われ、政治に対する信頼が失墜している状況にありますが、「生活者の声を代弁する者」として、4期目に対する「私の仕事」をここにまとめました。こ一読頂き、ご意見やご指導を頂ければ幸いです。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional